宮城のニュース

<特殊詐欺>79歳女性が200万円被害

 仙台北署は7日、仙台市青葉区の無職女性(79)が特殊詐欺で現金200万円をだまし取られたと発表した。同署によると、7日午前8時半ごろ、女性方に息子を名乗る男から「会社の通帳が入ったかばんを置き忘れた」などと電話があった。約1時間半後、上司を名乗る別の男から「今日の契約に500万円が必要。(足りない)200万円を用意して」と連絡があった。女性は青葉区内の金融機関などで現金を引き出し、自宅近くの公園で受け取りに来た上司のおいを名乗る男に手渡した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月08日木曜日


先頭に戻る