宮城のニュース

予防接種メールでお知らせ 日程把握を手助け

予防接種の情報を得られるサイト「すこやかナビ」の画面

 宮城県登米市は子どもの予防接種の日程をパソコンやスマートフォンのメールで父母らに通知するサービスを今月始めた。県内の自治体では初の取り組みで、接種時期の周知を図り、接種率の向上を狙う。
 市によると、乳幼児が受ける予防接種は10種類以上。「結核」は生後5〜11カ月後、「水痘」は1年〜1年3カ月後と1年6〜11カ月後に計2回などと時期が決まっていて、忘れないように知らせるサービスだ。
 市が開設したサイト「登米っこ♪すこやかナビ」にスマホなどでアクセスし、子どもの生年月日を登録すれば、接種時期が近づくとメールが届く仕組み。子どもが複数いる場合にも対応する。サイトにはそれぞれの子どもの接種スケジュールも表示される。
 サイトは市のホームページからアクセスでき、予防接種を行う市内の医療機関や子育て全般に関する情報なども得られる。登録と利用は無料だが通信費は利用者負担。市の担当者は「接種スケジュール管理の手助けをしたい」と話す。連絡先は市健康推進課0220(58)2116。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月08日木曜日


先頭に戻る