秋田のニュース

小学校給食に金属片 ワンタンスープに針金?

 秋田市教委は7日、外旭川小(児童549人)で出された給食のワンタンスープに、長さ3.5センチの針金状の金属片が混入していたと発表した。市教委によると、同日午後0時35分ごろ、給食を食べようとした1年の女子児童が異物を発見した。けがはなかった。給食は同小の調理場で作られた。外旭川中にも同じメニューを提供していたが、他に異物は見つからなかった。市教委が原因を調べている。


関連ページ: 秋田 社会

2016年09月08日木曜日


先頭に戻る