山形のニュース

<酒田消防士自殺>「パワハラ」公務災害と認定

 酒田地区広域行政組合消防本部(山形県酒田市)の男性消防士=当時(20)=が自殺したのはパワハラが原因だとして遺族が労災申請した問題で、地方公務員災害補償基金山形県支部が自殺を公務災害と認定したことが7日、分かった。
 公務災害を認める通知書が7日朝、遺族宅に届いた。認定理由の記載はなかったが、消防業務や訓練によるストレスが自殺の原因と認められた可能性が高い。
 男性の母親(50)は「理由を確認しないと何も言えないが、息子が犠牲となった組織風土の改善につなげてもらいたい」と語った。
 男性は消防救助技術を競う大会にチームで出場する直前の2014年6月、山形県庄内町で自殺した。車内に「迷惑を掛けてまで生きる価値はない」などと記した遺書があった。男性は指導役の職員に数度にわたって叱責(しっせき)を受けていた。
 消防本部は内部調査で「パワハラやいじめを確認できなかった」と結論付け、遺族の求める第三者委員会の設置に応じなかった。遺族は15年2月に労災申請した。


関連ページ: 山形 社会

2016年09月08日木曜日


先頭に戻る