広域のニュース

<大雨接近>東北激しい雨の恐れ 警戒呼び掛け

 台風13号は8日、東海沖で温帯低気圧に変わった。この低気圧と前線の影響で、西日本から東日本にかけて局地的に非常に激しい雨が降った。東北でも8日夜から9日未明にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあり、仙台管区気象台は土砂災害や洪水、暴風に警戒を呼び掛けた。
 管区気象台によると、低気圧は北東に進んでおり、東北の太平洋側沿岸を通って、9日夜には北海道付近に達する見込み。台風10号で甚大な被害を受けた岩手県でも大雨になる恐れがある。
 9日正午までの24時間予想雨量は、いずれも東北の多い所で太平洋側130ミリ、日本海側100ミリ。予想される最大風速は太平洋側、日本海側の海上で20メートル(最大瞬間風速30メートル)。


関連ページ: 広域 社会

2016年09月08日木曜日


先頭に戻る