宮城のニュース

<はやぶさまつり>自然科学って面白い

大きなシャボン玉作りを楽しむ子どもたち

 子どもたちに自然科学への関心を高めてもらう「はやぶさまつり」が4日、H2ロケットの実物大模型がある宮城県角田市の台山公園で開かれ、親子連れでにぎわった。
 実行委員会の主催で、4回目。「宇宙っ子科学屋台村」と銘打ち、公園内に工作や実験コーナーが設けられた。大学や研究機関の専門家、地元の中高生たちが講師を務めた。
 太陽光で充電するソーラーランタン製作や、大きなシャボン玉作りに人気が集まった。空き缶をつぶす空気圧の実験もあり、子どもたちが目を見張った。
 柴田町槻木小2年の千葉夢生(むう)君(7)は「大きなシャボン玉ができて楽しかった。将来は宇宙飛行士になりたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月10日土曜日


先頭に戻る