宮城のニュース

厳かな調べ 中学生が雅楽鑑賞

雅楽に耳を澄ませる中学生

 大河原町金ケ瀬中で6日、伝統芸能に触れる「古典音楽に親しむ会〜雅楽鑑賞会〜」があった。
 県内の神職ら宮城野雅楽会が「平調音取(ひょうじょうのねとり)」や「五常楽急(ごしょうらくのきゅう)」など4曲を演奏。厳かな調べが会場の体育館に響き渡り、全校生徒100人がじっと耳を傾けた。
 みこによる神楽「悠久の舞」も披露された。生徒が雅楽の楽器の演奏を体験する時間もあった。
 金ケ瀬中は生徒に日本の伝統文化への関心を高めてもらおうと、初めて鑑賞会を企画した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月10日土曜日


先頭に戻る