岩手のニュース

麻薬密輸容疑で中学教諭を逮捕

 岩手県警は8日までに、麻薬取締法違反(輸入)の疑いで、盛岡市津志田南3丁目、同市見前南中教諭岩間圭一容疑者(46)を逮捕した。
 逮捕容疑は3月下旬から5月上旬にかけて2度にわたり、インターネットサイトを通じ、「α−PVP」と呼ばれる麻薬の粉末約3グラムを米国から航空郵便を使って密輸した疑い。県警によると、「自分で使用するために輸入した」と容疑を認めている。
 成田空港と羽田空港に到着した岩間容疑者宛ての郵便に麻薬が入っているのを税関職員が見つけた。県警が8月23日に逮捕した。
 盛岡市教委の千葉仁一教育長は「容疑が事実なら極めて遺憾。再発防止に全力で取り組む」との談話を出した。


関連ページ: 岩手 社会

2016年09月09日金曜日


先頭に戻る