宮城のニュース

<富谷市移行>タウンページ「富谷市版」完成

表紙を拡大したパネルを手にする桜井本部長(左)と若生町長

 宮城県富谷町の10月10日市制移行を記念して、NTTタウンページ東北営業本部と町が共同制作した職業別電話帳「タウンページ富谷市版」の発刊式が9日、町役場であった。
 富谷市版はA4判、284ページ。富谷のほか、塩釜市、多賀城市、黒川郡、宮城郡の情報を収録した。市制移行を記念して、富谷市内の名所や特産品、観光情報なども20ページ分追加した。
 付録として、B5判、24ページの「防災タウンページ」も作られ、市内の公衆電話や避難所、土砂災害危険箇所のマップも掲載した。
 発刊式で、桜井健一本部長は「2万4800部発行し、10日から全世帯に順次配布するので活用してほしい」とあいさつ。若生裕俊町長は「10月10日より一足早く富谷市版のタウンページを手にすることで、市制移行を肌で感じてもらえるのではないか」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年09月10日土曜日


先頭に戻る