宮城のニュース

<楽天>打線つながらず再び増井に屈す

東北楽天―日本ハム 5回東北楽天無死、空振り三振に倒れる島内。投手増井=コボスタ宮城

 東北楽天打線は1日の前回対戦で零敗を喫した増井にまたも屈した。助っ人の2本塁打での2得点のみ。梨田監督は「増井を楽に投げさせてしまった。ソロ2本では勝てない」と嘆いた。
 一回に1死一、二塁の好機を逸したのに始まり、ほぼ毎回走者を出しながらつながりを欠いて、増井に7回で10奪三振を許した。二回にペレス、八回にウィーラーが反撃の本塁打を放ったが、その前の出塁がなく、どちらもソロに終わった。
 ウィーラーは本塁打が6戦ぶりの安打だった。「増井はいい投手としか言いようがない。安打から遠ざかっていたので、ソロをきっかけに調子を上げたい」と次戦に向けて切り替えた。


2016年09月10日土曜日


先頭に戻る