広域のニュース

<岩手国体>赤石4位 少年女子A200平

少年女子A200メートル平泳ぎ決勝 4位の赤石

 9日、盛岡市立総合プールで会期前競技の競泳と飛び込みが始まり、競泳の少年女子Aの200メートル平泳ぎは赤石咲乃(東北高)が2分31秒17で4位となった。

<「泳げる幸せ感じた」>
 少年女子A200メートル平泳ぎは、東北高3年の赤石が4位。昨年2位で、高校最後の国体は優勝を狙ったが、大会直前に右肩甲骨を痛めたのが響いた。それでも「今の力は精いっぱい出したので後悔はない」と語った。
 最初の50メートルを6位と出遅れたが、諦めずに前を追い、4位に上げた。「一時は欠場も考えたが、宮城の代表として泳ぎたいと思った。泳げる幸せを感じられた」という。
 卒業後は大学で競技を続け、4年後の東京五輪を目指す。「自分も金藤理絵さん(岐阜・ぎふ瑞穂スポーツガーデン)のように、しっかり追い込んでいきたい」と決意を語った。


2016年09月10日土曜日


先頭に戻る