宮城のニュース

息ぴったり迫力の演奏 マーチングフェス

息を合わせ演奏する明石台小金管バント

 「2016とみやマーチングフェスティバル」が10日、宮城県富谷町の富谷スポーツセンターであった。10月10日に富谷市に移行する町として最後の主催となった。
 町内8小学校の金管バンドや富谷高吹奏楽部など14チームが出場した。各チームは約1200人の観客を前に、トランペットやトロンボーンで行進曲や映画音楽などを演奏。息を合わせた隊形変化も披露した。
 町の人口増に伴って、2015年4月に開校した明石台小は今年初めて同小単独で参加した。5年伊藤あず葉さん(11)は「緊張したけど、うまく演奏できてよかった」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月11日日曜日


先頭に戻る