宮城のニュース

<仙台L>リーグ戦、2トップで起用

9日の紅白戦で、2トップを組んだ安本(手前)と浜田

 久々に再開するリーグ戦で、安本と浜田が2トップを組む可能性が高まった。これまで途中出場が多かった2人を千葉監督は「調子が良い。使おうと思っている」と起用することを示唆。決定力を高めたいだけに2人の連係に期待がかかる。
 8日が大雨で練習が中止となった分、9日は密度の濃い調整となった。紅白戦では主力組の最前線に安本、浜田が陣取り、味方がボールを保持すると、2人が互いに攻撃の起点になったり、敵陣ゴール前に抜け出したりした。
 身長152センチとチームで最も小柄な安本と、173センチの浜田。20センチ超の身長差はあるが、共に「スピードがあり、相手の背後に抜ける特長がある」(千葉監督)という共通点がある。8月7日のリーグカップ1次リーグ最終節の新潟戦は、先発した浜田、途中出場の安本2人の得点で快勝した。
 初先発が見込まれるリーグ戦で今季2得点している安本が「試合に出るからには得点を狙う。2人が良い距離感でプレーし、再び好スタートを切りたい」と力を込めると、リーグ戦3ゴールを挙げている浜田は「私が高いボールを競って(安本)紗和子さんにパスを出したい」とイメージを膨らませた。(加藤伸一)


2016年09月11日日曜日


先頭に戻る