宮城のニュース

自然を探検 環境保護学ぶ 参加児童募集

 宮城県栗原市花山の国立花山青少年自然の家は10月8〜10日、自然体験を通じて児童が環境保護の尊さなどを学ぶ宿泊事業「子ども環境探検隊」を開く。自然の家は参加者を募集している。
 対象は小学4〜6年。2008年の岩手・宮城内陸地震で国内最大規模の地滑りが起きた荒砥沢崩落地を見学し、栗駒山でトレッキングを行う。国の近代化産業遺産に認定された旧細倉鉱山の歴史を伝える「細倉マインパーク」での探検イベントもある。
 定員25人。参加費5500円。希望者が多かった場合は地域や年齢、男女比などを考慮して抽選する。自然の家のホームページなどで入手できる申込書に必要事項を記入し、メールかファクス、郵送で申し込む。締め切りは9月20日。
 メールはhanayama@niye.go.jp、ファクスは0228(56)2469。連絡先は自然の家0228(56)2311。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月10日土曜日


先頭に戻る