宮城のニュース

<岩魚祭>あっちもこっちもイワナ

イワナの炭火焼きが人気を集めた祭り

 栗原市栗駒耕英地区が発祥の養殖イワナを地域を挙げてPRする岩魚(いわな)祭(実行委員会主催)が11日、同地区のハイルザーム栗駒特設会場であり、大勢の来場者でにぎわった。
 定番の塩焼きのほか地区内の5店舗による「ミニ岩魚丼」が売り出され、各ブースには朝から長い列ができた。イワナのつかみ取り大会や地元よさこいチームによるステージ発表もあり、会場を盛り上げた。
 家族で訪れた同市栗駒のアルバイト千葉守さん(68)は「外で食べるのは気持ちいい。中でも炭火で焼いた塩焼きが格別においしかった」と笑顔で話した。
 岩魚祭は2013年に始まり、今年で4回目。数又貞男実行委員長(64)は「回数を重ねるごとにお客さんも増えているようで、ありがたい。観光振興につながればうれしい」と語った。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月13日火曜日


先頭に戻る