秋田のニュース

秋田産日本酒 屋外でほろ酔い 17日イベント

野外で地酒と料理を楽しめる催しのポスター

 秋田県産の日本酒が楽しめる野外イベント「UNDER THE SUN(アンダー・ザ・サン)2016」が17日、秋田市のJR秋田駅前アゴラ広場である。
 新政酒造(秋田市)など五つの酒蔵の若手経営者グループ「NEXT5(ネクストファイブ)」が主催。NEXT5を含む県内14の蔵元が参加し、1杯60ミリのカップで日本酒を販売。地元の料理店や居酒屋なども出店する。音楽ライブやダンスのショーもある。
 屋外で気軽に日本酒を楽しんでもらおうと、初めて企画した。新政酒造の佐藤祐輔社長(41)は「秋田のおいしい日本酒と料理を味わってほしい」と話す。
 正午〜午後5時。入場料1500円(1000円分の飲食券付き)。飲食券1000円分に日本酒1杯が付くという、1杯分が得な前売り券(1500円)はチケット販売サイト「イープラス」で販売中。連絡先は新政酒造018(823)6407。


関連ページ: 秋田 経済

2016年09月11日日曜日


先頭に戻る