宮城のニュース

<ZARA>仙台店 19日移転リニューアル

19日の移転リニューアルに向けて工事が進むZARA仙台店=12日

 海外ブランド衣料品店「ZARA(ザラ)仙台店」が19日、仙台市青葉区一番町3丁目の老舗衣料品店「大内屋」(1月閉店)の本店ビルに移転し、リニューアルオープンする。
 店舗を運営するZARAジャパン(東京)は「よりよい立地で、現在の店舗より売り場面積も大幅に増える。多くの商品を提供できる」と話した。
 同社によると、新店舗の売り場は地上3階、地下1階。店舗面積は約2160平方メートルで、数十メートル離れた商業施設「一番町ステア」にある現店舗の約1.7倍に広がる。店舗は全面ガラス張りで、美しさや清潔感を表現した。
 営業時間は平日が午前11時〜午後8時、土日・祝日は午前10時〜午後8時。
 ZARAはスペインのアパレルメーカーが展開するファッションブランド。仙台店は2006年、一番町ステアの核店舗として出店した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年09月13日火曜日


先頭に戻る