宮城のニュース

学校など「要除染」なし 1428施設測定

 宮城県は12日、県内の小中高校や保育所など1428施設で実施した空間放射線量の測定結果を発表した。最大値は0.12マイクロシーベルト(前年度0.14マイクロシーベルト)、平均値は0.05マイクロシーベルト(0.06マイクロシーベルト)で、除染目安の0.23マイクロシーベルトを超えた施設はなかった。
 調査は6〜8月に実施。小学校、特別支援学校、幼稚園、保育所は地上50センチ、その他は1メートルの高さで測定した。原則、校庭や園庭の5地点の平均を出した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月13日火曜日


先頭に戻る