宮城のニュース

<台風10号>水産被害3億2097万円

 宮城県石巻市は12日、台風10号による水産関係の被害額が約3億2097万円に上ったと発表した。
 内訳は、養殖いかだの損壊やカキの脱落などの養殖関連が1億5170万円、防波堤などの漁港関連が1億240万円、漁船漁具が6116万円、倉庫など共同利用施設が570万円の被害を受けた。
 他に農林関係で大豆が水に漬かったり、農業用ビニールハウスや牛舎が一部壊れたりして約514万円の損害が出たという。
 亀山紘市長は「水産業も農業も東日本大震災の被災から復興に向けてこれからという時期。今後、どのような対策ができるのか、県と相談したい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月13日火曜日


先頭に戻る