宮城のニュース

東北線など7本が運休 大雨と急病人で

 JR東日本は13日午前、東北線の槻木(宮城県柴田町)−岩沼(岩沼市)間などで雨量が規制値を超えたため、岩沼−仙台間などで運転を見合わせた。仙台支社によると上下計5本が運休、上り1本が33分遅れ、約1950人に影響した。
 仙山線では同日午前7時20分ごろ、仙台市青葉区の東北福祉大前駅で、停車中の仙台発山形行き下り普通列車内で急病人が出たため、救急対応で運転を見合わせた。20分後に運転再開したが、仙台−愛子間の上下計2本が運休し、約450人に影響した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月13日火曜日


先頭に戻る