宮城のニュース

<楽天>猛攻11点 美馬は9勝目

お立ち台でバーンで喜ぶ(左から)茂木、島内、美馬

 東北楽天が15安打11得点の猛攻で大勝した。打線は一回に島内宏明、藤田一也の各2点打で4点を先取。二、三回はペゲーロ、茂木栄五郎のソロで1点ずつ加えた。六回には島内、茂木の連続ソロで突き放した。先発美馬学が八回途中2失点でシーズン自己最多の9勝目を挙げた。
 オリックスは先発赤間謙が1回4失点と乱れ、救援陣も踏ん張れなかった。

 東北楽天−オリックス21回戦(楽天11勝9敗1分け、18時、楽天Koboスタジアム宮城、16,802人)
オリックス000001100=2
東北楽天 41102201×=11
(勝)美馬23試合9勝7敗
(敗)赤間19試合1敗
(本)ペゲーロ8号(1)(斎藤綱)=2回、茂木5号(1)(斎藤綱)=3回、茂木6号(1)(大田)=6回、島内9号(1)(大田)=6回

☆イヌワシろっかーるーむ
<青山浩二投手(試合が雨で中断後の八回1死から2番手で登板し、九回も無得点で投げ切った)>
 「回またぎを想定してマウンドに上がった。カーブの曲がりが良かった」

☆梨田の話ダ
<中継ぎ挟もうか>
 「美馬は直球が力強かった。先発で悪かったから前回、中継ぎ登板を1回挟んだけれど、それが良かったのかもね」(好投の美馬を評して)


2016年09月13日火曜日


先頭に戻る