宮城のニュース

<楽天>先発野手、全員安打

1回東北楽天無死、、ペレスが右越えソロを放つ。捕手大野(伊深剛撮影)

 東北楽天打線が一回の2連続本塁打を含む先発野手全員の13安打9得点と爆発し、快勝した。
 0−1の一回、先頭の岡島が加藤の変化球を振り抜いて右翼席へ運ぶと、ペレスも右越えソロで続き、あっと言う間に試合をひっくり返した。ペレスは「岡島が勢いをつけてくれたから、いい当たりをしようとだけ心掛けた」と振り返る。
 追い付かれた直後の四回は、打者8人がつないで勝ち越した。2死一、三塁からペレス、島内が連続適時打で2点を加え、加藤をKO。2番手井口の初球をウィーラーが捉え、2点打で突き放した。ウィーラーは「変化球が来ると予想し、初球から積極的にいった」と納得の表情を浮かべた。
 六回にも3点を追加。理想的な試合運びに梨田監督は「先制された直後の2発は、相手にとって強烈だったんじゃないかな。あれで流れを持って来られた」と一回の攻撃をたたえた。(浦響子)


2016年09月13日火曜日


先頭に戻る