宮城のニュース

<仙台L>2位浮上 新潟に競り勝つ

 第12節最終日は11日、石巻市総合運動公園フットボール場などで3試合が行われ、仙台レディース(仙台L)は新潟を2−1で退け勝ち点22とし、得失点差で長野をかわし2位に浮上した。首位日テレはINAC神戸に3−0で快勝し同29。神戸は同19で4位。浦和はコノミヤ高槻に4−0で圧勝し、8位に上がった。

◎中野勝ち越し弾

仙台L(22) 2/2−1/1 新潟(18)
          0−0
▽得点者【仙】川村、中野【新】上尾野辺
▽観衆 882人

 仙台Lが逆転勝ちした。前半14分、カウンターから上尾野辺に先制を許したが、同28分に右CKを川村が頭で押し込み同点。同32分には嘉数のシュートのこぼれ球を中野が左足で合わせた。後半はGKキャメロンの好セーブなどでリードを守った。

<前半での逆転 勝因/仙台L・千葉泰伸監督の話>
 前半のうちに逆転できたのが勝因。後半はピンチがあったが、最後まで体を張って守れた。追加点を決められれば楽になったが、勝ち点3をしっかり取れて良かった。


2016年09月13日火曜日


先頭に戻る