青森のニュース

<コメ概算金>青天の霹靂1万4500円

 全農青森県本部は12日、青森市の県農協会館で組合長会議を開き、県内各農協に支払う2016年産米の概算金を決めた。関係者への取材によると、昨秋デビューしたブランド米の青天の霹靂(へきれき)(60キロ、1等米)は1万4500円で、前年より1500円引き上げた。山形県のつや姫、北海道のゆめぴりかなどのブランド米を意識し、同等の単価となるよう設定したという。
 関係者によると、青天の霹靂以外の主力品種は、つがるロマン1万700円(前年9200円)、まっしぐら1万500円(9000円)。いずれも前年を1500円上回り、13年産以来の1万円台となった。
 全農県本部の太田修本部長は「収入増が見込まれる飼料用への切り替えが進み、量が必要な業務用の主食用米の引き合いが強まっている。流通経費の削減に取り組み、主食用でも手取りを増やせるようにしたい」と話した。
 各農協は13日までに理事会を開催し、生産者に支払う仮渡し金を決める方針。全農県本部は、競合業者に有利となる情報を公表すべきでないとして、概算金を非公表にしている。


関連ページ: 青森 経済

2016年09月13日火曜日


先頭に戻る