山形のニュース

<コメ概算金>山形つや姫1万5500円

 全農山形県本部は12日、県内の各農協に支払う2016年産米の概算金を、高級ブランド品種つや姫(60キロ、1等米)で前年と同じ1万5500円に決めた。
 主力のはえぬきは1万1500円(前年1万500円)、コシヒカリは1万2100円(1万1300円)。ともに2年連続の上昇となった。
 取引先から強い引き合いが続くつや姫は、堅調な販売が見込めると判断した。ただ、来年以降の他県産ブランド品種のデビューを意識し、市場動向を見極めるため据え置きにした。はえぬきは業務用米としての需要が高まっていることを反映した。
 全農県本部は飼料用米への作付け転換が進み、需給環境が改善しているため、16年産米の価格は堅調に推移すると見ている。高橋幸紀米穀部長は「高値を保っているのはうれしいことだが、2年連続で上昇傾向にあるので消費者のコメ離れにつながらないか心配している」と話している。
 農家が受け取る生産者概算金は、全農県本部の概算金を基に、各農協が最終的に設定する。


関連ページ: 山形 経済

2016年09月13日火曜日


先頭に戻る