宮城のニュース

<仙台三越>北海道の味覚あふれる物産展

北海道の食を集めた「北海道 味覚の祭典」

 北海道の食の名産品を集めた「北海道 味覚の祭典」が14日、仙台三越本館7階ホールで始まった。恒例の人気企画で、会場は初日から多くの買い物客でにぎわった。26日まで。
 ナチュラルチーズを製造・販売する十勝品質事業協同組合(帯広市)など初出店の5店を含め、海産物や菓子、総菜などの計57店が並んだ。「ロイズ」ブランドで知られるチョコレート売り場には数十人の列ができた。
 仙台市青葉区の主婦武田裕子さん(62)は「北海道展には必ず来ている。今回は初めて出品されるプリンなど菓子類を買いに来た」と話した。
 16日まで、各日先着150人にクリアファイルやメモ帳、ボールペン一式の北海道新幹線グッズがプレゼントされる。営業時間は午前10時〜午後7時(最終日は午後6時)。


関連ページ: 宮城 経済

2016年09月15日木曜日


先頭に戻る