青森のニュース

核燃サイクル推進を 青森知事が経産相に要請

 三村申吾青森県知事は13日、世耕弘成経済産業相と経産省で会談し、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の稼働を前提とした核燃料サイクル政策の実現や、同県を原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地としない確約を求めた。
 三村氏は「原子力施設の立地地域の現状やこれまでの協力関係を理解し、責任ある政策推進をお願いしたい」と強調。立地地域の振興策の充実なども要請した。
 世耕氏は「核燃サイクルを推進する基本方針に変わりはない」と応じた上で「青森を(核のごみの)最終処分地としない約束を順守し、(県外での)処分地選定に国が前面に立って取り組む」と述べた。
 三村氏は松野博一文部科学相とも会談し、原子力利用の人材育成と技術開発支援を求めた。要望後、報道陣の取材に対し、核燃サイクルの中核施設である高速増殖炉もんじゅ(福井県)の存続が危ぶまれる現状について「高速炉の研究は非常に重要。国として責任ある研究体制を取るべきだ」と述べた。もんじゅへの直接的な言及は避けた。


2016年09月14日水曜日


先頭に戻る