山形のニュース

<陸羽西線>橋桁の一部流出 台風10号影響か

 山形県戸沢村の陸羽西線古口−高屋間で、鉄橋を支える橋桁の土台の一部が流出しているのが見つかり、JR東日本山形支店は13日、古口−酒田間の運転を見合わせた。復旧工事は14日夕に終了の見込み。
 山形支店によると、上り普通列車が12日夕、角川に架かる鉄橋を通過した際、車体が大きく揺れたことに運転士が気付き判明した。同支店は台風10号などで川が増水し、流れが速くなったことが影響したとみている。
 陸羽西線は復旧まで新庄−古口間で折り返し運転。新庄−酒田間で代行バスが運行される。


関連ページ: 山形 社会

2016年09月14日水曜日


先頭に戻る