宮城のニュース

石巻駅チカ人気店紹介 ランチマップ作製

「海鮮・和食」と「すし海鮮」のランチマップ

 宮城県石巻地方の行政や経済界、ボランティア団体などの有志でつくる石巻ビジターズ産業ネットワークは、JR石巻駅周辺の飲食店を案内するランチマップを作製した。観光客らの問い合わせが多い「海鮮・和食」と「すし」のほか、話題の店を載せた「石巻やきそば・番外編」の3種類で計32店を紹介。会員の手作りで、コピー配布している。
 初めて訪れた人や日帰り観光客向けに作った。A4判で、口コミや会員情報などを基に店名や連絡先、営業時間、定休日、座席数、駐車場の有無のほか、メニュー例を掲載した。
 11店を取り上げた「海鮮・和食」では、店ごとに刺し身定食、天ぷら定食、海鮮丼、アナゴ飯、ウニ飯、海鮮天丼などランチメニューを盛り込んだ。「石巻やきそば・番外編」では石巻発祥の焼きそばや人気ラーメン店、仮設型商業施設「橋通りCOMMON(コモン)」などを紹介する。
 今後は石巻駅周辺だけでなく、渡波や牡鹿といった地区、東松島市や女川町のマップを作る予定。
 ネットワーク代表で石巻観光協会の阿部勝浩常務(47)は「石巻観光ボランティア協会のガイドなどで問い合わせが多いランチのお店を分かりやすく紹介した。参考にしてほしい」と話している。
 連絡先は石巻観光協会0225(93)6448。


関連ページ: 宮城 経済

2016年09月15日木曜日


先頭に戻る