宮城のニュース

<楽天>13失点 守備も乱れ涙雨

2回までに8失点を許し、マウンドを降りる東北楽天先発の菊池(右)

 東北楽天が大敗した。先発菊池保則が10安打8失点と乱れ、二回途中で降板し今季初黒星。守備の乱れも重なった。2番手川井貴志は4回1/3で5失点。打線も淡泊で、先発武田に七回まで4安打無得点に抑えられた。
 ソフトバンクは首位に再び浮上した。武田翔太は昨季の自己最多に並ぶ13勝目。

 東北楽天−ソフトバンク23回戦(ソフトバンク15勝7敗1分け、18時、楽天Koboスタジアム宮城、18,298人)
ソフトバンク264001000=13
東北楽天  000000000=0
(勝)武田25試合13勝7敗
(敗)菊池4試合1勝1敗

☆イヌワシろっかーるーむ
<古川侑利投手(七回途中から2回無失点)>
「ソフトバンク打線を抑えられたのは自信になる。カーブが抜けてしまったので、投げる時の腕の振りを修正したい」

☆梨田の話ダ
<負けるにしても> 
 「負けるにしてももう少し締まった試合をしなくてはいけなかった」(大敗を反省して)


2016年09月15日木曜日


先頭に戻る