岩手のニュース

<台風10号>岩泉被災者に車無料貸し出し

 東日本大震災の被災者向けに、乗用車の共同利用事業を展開する一般社団法人日本カーシェアリング協会(石巻市)は、台風10号豪雨で甚大な被害に遭った岩手県岩泉町の被災者に対し、車を1か月間無料で貸し出している。
 被災者の申し込みに応じ、石巻市から現地に車を届ける。5日に岩泉町内の避難所で利用案内の掲示を始めた。13日現在、8件の申し込みがあり、2台を提供した。貸し出しは軽乗用車など小型車が中心。久慈市や宮古市の被災者の相談にも応じる。
 1か月を超える利用は有料となる。2〜4カ月は月額1万5000円。5カ月目以降は3カ月ごとに5000円が加算され、5〜7カ月は月額2万円、8〜10カ月は月額2万5000円となる。
 同協会は、震災が起きた2011年に設立。車を失った石巻市の仮設住宅の入居者向けに車の共同利用事業を進めている。1日時点で、仮設住宅や復興公営住宅などで約120台を運用している。
 4月の熊本地震でも熊本県益城町や南阿蘇村を中心に、車の貸し出し支援に取り組んだ。同協会は「車の1か月無料貸し出しを活用してもらい、生活の立て直しに役立ててほしい」と呼び掛けている。
 連絡先は日本カーシェアリング協会0225(92)7821。


関連ページ: 岩手 社会

2016年09月15日木曜日


先頭に戻る