宮城のニュース

<中秋の名月>復興の希望 ほんのり照らす

津波から命を守る千年希望の丘を照らす「中秋の名月」=15日午後6時ごろ、岩沼市下野郷

 十五夜の15日、東北地方は晴れや曇りの天気となり、各地で夜空に「中秋の名月」が浮かんだ。
 東日本大震災で被災した宮城県岩沼市下野郷に整備中の「千年希望の丘」からは午後5時半ごろ、水平線に広がった薄い雲の陰にうっすらと月が見えた。午後6時ごろには雲間から月が顔を出し、緑の防潮堤となる丘を照らした。
 中秋は旧暦の8月15日に当たる。暦と月の満ち欠けの周期にはずれがあり、中秋の名月が満月とは限らない。今年は17日に満月となる。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月16日金曜日


先頭に戻る