秋田のニュース

<大森山動物園>動物アート 美大生ら展示

作品の前で笑顔を見せる秋田公立美大の学生

 秋田市の大森山動物園で17〜19日、園内をギャラリーに見立てて、動物をモチーフにした作品を展示するプロジェクト「大森山Arts&Zoo」がある。
 プロジェクトには、秋田公立美術大(秋田市)など三つの教育機関が協力。学生や生徒が制作したウサギ、リスなどのオブジェや、動物の親子が仲良く暮らす様子を描いた壁画など7作品を飾る。
 15日は、ワイヤでオオカミを表現した高さ1.75メートル、幅1.90メートルの作品を設置した。制作した同大美術学部美術学科1年鈴木結愛さん(18)=秋田市新屋=は「構想から約半年かかった。多くの人に見てもらえるとうれしい」と話した。
 大森山動物園と同大は2007年ごろから看板やホームページの作成などで連携しており、プロジェクトは昨年に続き2回目。
 入園料は大人720円、高校生以下無料。17日午前10時45分から、制作した学生らと作品を巡るギャラリートークツアーがある。連絡先は同園018(828)5508。


関連ページ: 秋田 文化・暮らし

2016年09月16日金曜日


先頭に戻る