広域のニュース

<蓮舫新代表>東北野党 共闘に期待

 民進党代表選で蓮舫氏が新代表に選出された15日、東北各県の野党幹部は巨大与党に対峙(たいじ)するリーダーシップと、次期衆院選の共闘構築に期待を寄せた。一方、代表選期間中に表面化した二重国籍問題を巡り、与党からは説明責任を指摘する厳しい声が上がった。
 蓮舫氏について、民進党山形県連の吉村和武幹事長は「知名度が高く、発信力もある。対案を出す姿勢も期待できる」と歓迎。福島県連の亀岡義尚幹事長は「新代表としてあらためて被災地に足を運び、現状を見てほしい。女性の視点を取り入れた生活者重視の政策を」と要望した。
 「暴走する安倍晋三政権に立ち向かう野党共闘の足場が整った」と受け止めるのは、共産党青森県委員会の畑中孝之委員長。「戦争法(安全保障関連法)の廃止に向け、ともに頑張りたい」と結束を強調した。
 社民党宮城県連の岸田清実代表も「1強政治に歯止めをかけるには、協力が欠かせない。野党第1党としてリーダーシップを発揮してほしい」と求めた。
 生活の党岩手県連の佐々木順一幹事長は「民進党は有権者の信頼を取り戻したと言えず、政権批判の受け皿になれていない」と分析しつつも、「存在感を示し、野合と批判されないような協力態勢を築いてほしい」とエールを送った。
 与党は、蓮舫氏の二重国籍問題や民進党内にくすぶる異論に対し、冷ややかな視線を向けた。
 自民党宮城県連の石川光次郎幹事長は「初の女性代表で真新しさがある」と評価した一方、二重国籍問題について「明確な説明責任を果たすべきだ」と批判。「政権交代可能な野党を掲げるならば、憲法改正の議論に応じてほしい」と注文を付けた。
 公明党秋田県本部の田口聡代表は「二重国籍問題発覚後、民進党内から代表選のやり直しを求める声が上がった。民主党時代から続くバラバラさを露呈した」と指摘。「党として一枚岩にならなければ自公の対立軸になれない」と厳しい見方を示した。


関連ページ: 広域 政治・行政

2016年09月16日金曜日


先頭に戻る