宮城のニュース

<ツール・ド・東北>復興願い被災地疾走

スタートの合図に合わせ、軽快に自転車をこぎ出す牡鹿半島チャレンジグループライド参加者。左端はツール・ド・東北広報大使の道端カレンさん=17日午前8時40分ごろ、石巻市の石巻専修大学
スタートの合図に合わせ、軽快に自転車をこぎ出す牡鹿半島チャレンジグループライド参加者=17日午前8時40分ごろ、石巻市の石巻専修大学
ツール・ド・東北広報大使の道端カレンさん=17日午前8時40分ごろ、石巻市の石巻専修大学
スタートの合図に合わせ、軽快に自転車をこぎ出す牡鹿半島チャレンジグループライド参加者=17日午前8時40分ごろ、石巻市の石巻専修大学

 東日本大震災からの復興を支援する自転車イベント「ツール・ド・東北2016」(河北新報社、ヤフー主催)が17日朝、新設コースの牡鹿半島チャレンジグループライド(100キロ)で始まった。
 曇り空から徐々に太陽の光が差し出す中、出場した175人は15組に分かれ、発着点の石巻専修大(石巻市)を午前8時35分から順次スタート。宮城県女川町を経由し、牡鹿半島を周回する起伏の激しいコースに挑んだ。
 ツール・ド・東北は4回目となる今回、日程を2日間に拡大した。18日は石巻市から気仙沼市にかけての沿岸部を舞台にした5コースで開催。2日間で約3700人が出場する予定。


2016年09月17日土曜日


先頭に戻る