宮城のニュース

<秋季高校野球>柴田など2回戦へ

東北学院榴ケ岡−柴田 1回裏柴田1死二塁、三浦涼が右越えに先制の適時三塁打を放つ

 17日開幕し、仙台市の楽天koboスタジアム宮城(コボスタ宮城)と石巻市民球場で1回戦が行われ、柴田、仙台三、東北学院が2回戦に勝ち進んだ。
 柴田は一回1死二塁から三浦涼の右越え三塁打で1点を先制。二回にスクイズ、六回に犠飛で1点ずつを加えた。東北学院榴ケ岡は七回に犠飛で1点を返すにとどまった。
 仙台三は石巻工に七回コールド勝ち。二回、1死満塁から押し出し四球と川合の内野安打で計2点を先取。3−0の七回には暴投や森の適時三塁打などで4点を奪い、試合を決めた。
 東北学院は志津川を投打に圧倒し、五回コールドで退けた。

 ▽1回戦
東北学院榴ケ岡 000000100=1
柴田      11000100×=3

仙台三 0200104=7
石巻工 0000000=0
(七回コールドゲーム)

東北学院 01183=13
志津川  00000= 0
(五回コールドゲーム)


2016年09月17日土曜日


先頭に戻る