岩手のニュース

<台風10号>震災と二重被災 復興予算を充当

 今村雅弘復興相は16日の閣議後の記者会見で、東日本大震災と先月の台風10号豪雨で二重に被災した岩手県内の漁業施設などの復旧費について、震災被害の復旧が終わらない段階で台風被害を受けた場合、復興予算を充てる方針を示した。
 今村氏は「震災復興で修理している途中で台風被害に遭った防波堤の復旧は、復興庁の予算で賄う。いったん完成して壊れた施設は一般的な対応になる。(両方のケースが)重なる場合は、弾力的に対応していきたい」と述べた。
 今村氏は15日、宮古市などを視察し、震災と台風10号で被災した施設復旧に震災復興予算を活用する考えを明らかにしていた。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2016年09月17日土曜日


先頭に戻る