岩手のニュース

<日本郵便>北上に東北最大の物流拠点

来年3月の開設に向け、建設中の岩手郵便局=北上市相去町

 日本郵便東北支社(仙台市)は16日、岩手県北上市の北上南部工業団地に、岩手県内の郵便物や宅配便の仕分け業務を一手に担う東北最大の物流拠点施設「岩手郵便局」を2017年3月21日に開設すると発表した。
 敷地約6万5000平方メートルに、鉄骨3階、延べ床面積約2万5000平方メートルの施設を整備。事業費67億円。盛岡中央郵便局(盛岡市)など県内の拠点7局で扱う郵便物(1日80万通)や宅配便(同2万個)の仕分けを集約し、県内外の郵便局に発送する。窓口業務は行わない。
 東北自動車道北上金ケ崎インターチェンジに近い立地を生かし、青森、秋田両県産のコメやリンゴの宅配も扱う方針。事業者向けには、商品の保管、荷造り、配達までを一括で受け持つ「物流ソリューションセンター」を東北で初めて設置する。
 北上市役所であった同市との調印式で、粂井利久東北支社長は「(立地場所は)北東北から全国に発送する一等地。需要の増加に対応するために、集約してネットワークの生産性を高めたい」と説明した。


関連ページ: 岩手 経済

2016年09月17日土曜日


先頭に戻る