岩手のニュース

<台風10号>被災のあまちゃん聖地 復活

営業再開の準備を進める樋沢さん(右)とあけみさん=15日、久慈市本町
カウンターの高さまで水に漬かり、泥まみれになった店内=8月31日午前9時ごろ、久慈市本町

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」に登場する喫茶店のモデルで、台風10号豪雨で浸水被害に遭った久慈市本町の「喫茶モカ」が17日、営業を再開する。一時は閉店を考えたが、常連客や全国のファンからのエールに背中を押された。店主の樋沢正明さん(68)は「多くの方々に元気な姿を見せたい」と張り切る。
 ドラマで女優の小泉今日子さんらが切り盛りした「軽食&喫茶リアス」のモデルになった店内は8月30日、床上1.2メートルの高さまで浸水した。カウンターは泥で覆われ、冷蔵庫や電子レンジは水に浮いてひっくり返った。
 翌朝、約1キロ離れた自宅から駆け付けた樋沢さんは「もう終わりだ」と閉店を覚悟したという。それでも「来店を楽しみにしている人はまだまだいるはず」と気持ちを奮い立たせ、泥出し作業に取り掛かった。
 妻のあけみさん(63)と共に16日間、朝から晩まで清掃を続けた。フローリングは全て張り替え、冷蔵庫2台を新調した。泥にまみれた食器類は消毒し、一つ一つ丁寧に拭いた。修繕費用は200万円に上った。
 後押しになったのは常連客からのエール。「卵サンドを食べにまた必ず行きます」。全国のあまちゃんファンから再開を待ち望む手紙が15通届いた。東京からボランティアで清掃に駆け付けたファンもいた。
 樋沢さんは「ファンのためにも体力と気力が続く限りは店を続けたい。また忙しくなりそうだね」と笑顔で話した。営業時間は午前11時〜午後8時。毎週水曜定休。


関連ページ: 岩手 社会

2016年09月17日土曜日


先頭に戻る