宮城のニュース

<楽天>3連敗で5位転落

西武戦に先発した楽天・則本=西武プリンスドーム

 東北楽天は3連敗で5位転落した。先発則本は三回2死三塁から茂木の失策で先制を許した。四、五回も1点ずつを失い、6回3失点で10敗目。打線は五、六回に2死満塁の反撃機を得ながら一打を欠き、八回にペゲーロのソロで1点を返すにとどまった。
 西武は先発菊池が六回途中に負傷降板した後、4投手の継投で逃げ切った。

 西武−東北楽天23回戦(楽天12勝10敗1分け、18時、西武プリンスドーム、30,512人)

東北楽天000000010=1
西  武00111000×=3

(勝)菊池20試合12勝5敗
(S)増田48試合3勝5敗24S
(敗)則本26試合10勝10敗

(本)ペゲーロ9号(1)(牧田)=8回

☆梨田の話ダ

<現実受け止める> 
 「現実を受け止めて、またあした(18日)頑張るしかない」(約2カ月ぶりに5位に転落し)

☆イヌワシろっかーるーむ

<ペゲーロ外野手(八回、左越えへ9号ソロを放ち、3試合連続の零敗を阻止)>
「打ったのは外角直球。力み過ぎることなく、素振りのように自然なスイングができた」

<池山隆寛打撃コーチ(5安打1得点に終わった打線に)>
「菊池(岩手・花巻東高出)は立ち上がりが素晴らしかったが、中盤以降は制球がばらつき、得点のチャンスはあった。五回の好機で藤田、松井稼が初球を打って凡退したが、初球から狙う姿勢は間違っていない」


2016年09月18日日曜日


先頭に戻る