宮城のニュース

<楽天>梨田監督、拙攻を嘆く

8回、選手交代を告げ、うつむきながらベンチに戻る楽天・梨田監督=西武プリンスドーム

 東北楽天打線は好機に一本が出なかった。五、六回に計5四球を選んで2度の満塁機を築き、七回は藤田の二塁打から1死三塁としたが、いずれも得点に結び付けられなかった。梨田監督は「チャンスは西武よりあった。試合運びがうまくない」と拙攻を嘆いた。
 五回無死一、二塁でバント失敗後、強攻策に切り替えて遊ゴロに倒れた島内は「バントが下手。(バスターで)引っ張り切れなかった」と悔やんだ。六回2死満塁ではフォークボールを引っ掛け二ゴロに。「また次、頑張ります」と力を込めて球場を後にした。


2016年09月18日日曜日


先頭に戻る