宮城のニュース

<楽天>足立、見事な盗塁阻止

2回楽天2死一、二塁、左前に適時打を放つ足立=西武プリンスドーム

 東北楽天の4点リードで迎えた三回1死一塁、足立が西武の反撃の芽を摘む見事な盗塁阻止を見せた。
 前日には3盗塁を決め、今季51盗塁目を狙って初球で走ってきた一走金子侑を、足立は鋭い二塁送球で刺した。けん制を1球も入れずに無警戒を装った末の好プレー。「走者との駆け引きもあった中でいい送球ができた」と振り返った。
 二盗を許していれば1死二塁。続く秋山(八戸大出)の安打が適時打となった可能性が高かった。「足立の盗塁阻止が大きかった」と梨田監督は新人捕手の好守を褒めた。


2016年09月19日月曜日


先頭に戻る