山形のニュース

クマに襲われ男性大けが

 18日午前7時50分ごろ、山形県最上町月楯、会社員大沼春忠さん(63)が自宅近くの熊ノ返山でキノコ採りを終えて下山中、草むらから出てきたクマに頭や左頬を引っかかれて大けがをし、山形市の病院に搬送された。新庄署によるとクマは体長約1メートルの成獣で、近くに子グマ1頭がいたという。


関連ページ: 山形 社会

2016年09月19日月曜日


先頭に戻る