青森のニュース

<安保法1年>隊員家族の不安「代弁」

のぼりやプラカードを掲げて歩く参加者=青森市内

 青森市の青森駅前公園では「戦争法廃止!憲法改悪を許さない青森集会」があり、約150人が参加した。青森県九条の会など12団体の共催。
 スピーチに立った「安保関連法に反対するママの会@青森」の坂本麻衣子さん(34)は、南スーダンでのPKOに派遣予定の県内の自衛隊員に触れ「家族が不安に思っても声を上げられない状態。私たちから派遣反対の声を広めたい」と訴えた。参加した青森市の会社員中川雄介さん(27)は「政権与党が憲法を都合の良いように解釈している現状を変えたい」と話した。
 集会では、南スーダンPKOでの「駆け付け警護」に反対するアピールなどを採択。「戦争法反対」などと書かれたのぼりを掲げ、市内をデモ行進した。


関連ページ: 青森 政治・行政

2016年09月20日火曜日


先頭に戻る