秋田のニュース

<B1秋田>ピンク基調 両脇に稲穂デザイン

新ユニホームを披露する田口選手(左)と高橋選手

 バスケットボール男子、B1秋田は20日、Bリーグの開幕(22日)に合わせて新ユニホームを発表した。秋田市内で記者会見し、主将の田口成浩(仙北市出身)、高橋憲一(潟上市出身)の両選手が披露した。
 ホーム用はチームカラーのピンクを基調に両サイドに豊作と勝利を願う稲穂をデザインし、中央には「AKITA」の文字を配置。アウェーで使用される白のユニホームも公開された。
 田口選手は「着心地が良く、モチベーションが上がる。明るいピンクで秋田を盛り上げていきたい」と話した。
 チームはこの日、秋田市の弥高神社で今季の必勝を祈願した。水野勇気社長は「Bリーグでも存在感を発揮し、秋田を全国に発信していきたい」と語った。


2016年09月21日水曜日


先頭に戻る