山形のニュース

<安保法1年>市民と野党の連携訴え

安保関連法廃止などを訴えたデモ行進=山形市内

 山形市中心部の商店街では、山形県内の市民団体や労働組合などで組織する「戦争法廃止県民運動実行委員会」が集会を開き、市民と野党の連携を訴えた。
 市民ら50人が参加。集会で高木紘一代表は「PKOの戦闘性が高まり、自衛隊を派遣した際にどうなるのかとても心配だ。戦争法(安保関連法)を使わせないように声を大きくする必要がある」と強調した。
 その後、参加者は「戦争法は憲法違反、戦争法は今すぐ廃止」「市民と野党で手を結ぼう」などとシュプレヒコールを上げながら、デモ行進した。


関連ページ: 山形 政治・行政

2016年09月20日火曜日


先頭に戻る