宮城のニュース

馬場跡で馬乗ろう 仙台・追廻25日に体験会

 藩制期に馬場として利用された仙台市青葉区川内追廻で、市民が乗馬を体験する催しが25日、初めて開かれる。同区のNPO法人都市デザインワークスが毎月最終日曜に開催している「せんだいセントラルパーク プレジャーマーケット」の一環で企画した。
 伊達家重臣だった片倉小十郎の屋敷跡地から広瀬川右岸に抜ける約400メートルのコースを設定。参加者が交代で2頭の引き馬に乗る。泉区の乗馬教室「パカラッチョ!!」が協力する。
 追廻の地名は、馬場で馬を乗り回したことが由来。近くには軍馬の慰霊碑もある。
 午前9時45分からと午後1時15分からの2回で、定員は各8人。参加費3500円。プレジャーマーケットのウェブページかファクスで申し込む。連絡先は都市デザインワークス022(264)2405。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月21日水曜日


先頭に戻る