秋田のニュース

ヒメマス、かづの牛…スタンプラリーでPR

 秋田県鹿角市と秋田県小坂町の特産品を知ってもらおうと、県鹿角地域振興局は「かづの・こさか  “ んめもの ” スタンプラリー」を初めて実施している。対象の飲食店10店舗で地元食材を使ったメニューを食べ、応募する。11月5日まで。
 鹿角市の7店と小坂町の3店が参加。十和田湖のヒメマス、短角牛の「かづの牛」、八幡平ポークなどを使ったメニューがある。
 スタンプは1店1個で、3個以上集めて応募すると、抽選で5000円相当の特産品や各店の食事券が当たる。ラリーの台紙は店舗や周辺の道の駅で配布している。
 鹿角地域振興局総務企画部の担当者は「観光客が増える食欲の秋に、多くの人に特産品を知ってほしい」と話す。連絡先は同部0186(22)0456。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2016年09月21日水曜日


先頭に戻る