福島のニュース

飯坂線と三鉄コラボ 切符セット販売へ

限定販売される切符セット

 福島交通(福島市)は飯坂線と三陸鉄道(岩手県宮古市)のコラボレーション切符セットを作り、福島市の飯坂線桜水駅で24日に開く車両基地公開イベントで200セットを限定販売する。
 三鉄の久慈、三陸両駅の入場券と飯坂線の片道乗車券のセット(670円)で、B5判カラー台紙には両鉄道の走行風景と車両のイラストを掲載した。
 三鉄は公開イベントに初出店し、関連グッズを販売する予定。沿線は8月の台風10号豪雨で被災した。福島交通の三浦賢一鉄道部長は「(東日本大震災の)被災県の鉄道同士、今後も応援し合うなどつながりを持ち続けたい」と話す。
 切符セットを企画したのは、来春導入される飯坂線の新車両をデザインした宮城県亘理町の会社員小松大希さん(31)。イベントへの三鉄の参加も呼び掛けた。
 イベントは4回目で午前10時〜午後4時半。切符購入の順番待ちは午前8時から。鉄道模型の販売もある。連絡先は福島交通鉄道部024(558)4611。


関連ページ: 福島 経済

2016年09月21日水曜日


先頭に戻る