宮城のニュース

<秋季高校野球>4強決まる

利府−東北 9回裏利府無死満塁、小池が中越えにサヨナラ打を放つ。捕手布施

 第4日は22日、仙台市民と石巻市民の両球場で準々決勝4試合が行われ、利府、仙台育英、仙台城南、東陵が4強入りした。仙台城南は初の準決勝進出。
 利府は0−3の九回に一挙4点を奪い、今夏の甲子園大会に出場した東北に逆転サヨナラ勝ち。仙台育英は東北学院を10−0の五回コールドで破った。仙台城南は三回に3点を挙げて主導権を握り、仙台三を3−1で下した。東陵は中盤以降に畳み掛け、古川学園に9−4で逆転勝ちした。
 23日は休養日で試合がない。第5日の24日は仙台市宮城野区の楽天Koboスタジアム宮城(コボスタ宮城)で準決勝2試合がある。

◎利府、東北にサヨナラ勝ち

 ▽準々決勝(仙台市民)

東 北000000120 =3
利 府000000004x=4

 【評】利府が九回に0−3から逆転サヨナラ勝ち。無死一、三塁から大石、二瓶の連打で追い付いた後、敵失などで無死満塁とし、小池が中越えに決勝打を放った。東北は2番手古川原が土壇場で集中打を浴びた。

<劇的連打で雪辱>
 利府が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。0−3の九回、先頭の代打瀬戸が「自分が打って流れを変える」と集中し、右中間へ三塁打を放つと、無死一、三塁から大石の右越え三塁打などで一気に同点とした。
 勢いは止まらず、無死満塁で打席には小池。フルカウントから4球ファウルで粘り、直球を中堅手の頭上に運んだ。「絶対に打てると思っていた」と笑みを浮かべた。
 東北には今夏の宮城大会決勝で敗れており、選手たちには特別な思いがあった。試合前、田野監督は「われわれが味わった悔しさを味わわせてやろう」と鼓舞。雪辱を果たし、田野監督は「こいつら、すごい。次戦で東北大会出場を決めたい」と手応えを感じ取った。

<点差開いて「球甘く」>
 今夏の甲子園出場校、東北がまさかの逆転サヨナラ負け。九回に崩れた2番手古川原は「八回までは思った投球ができたが、九回は(八回に3−0となり)点差があって球が甘くなった」と唇をかんだ。
 先発葛岡の後を受け、五〜八回は内野安打1本に抑える好投。しかし、「九回に先頭打者に打たれ、そこからの流れはすごかった」と、夏の宮城大会決勝の雪辱に燃える利府の重圧を感じたという。
 「気の緩みはなかっただろうが、課題のスタミナ(不足の)面が出たか」と我妻監督は残念がる。期待の左腕は1年生。「この悔しさを忘れずに、冬にちゃんと練習したい。体が細いので、太くなるよう頑張りたい」と意欲を見せた。

◎仙台城南逃げ切る

 ▽準々決勝(仙台市民)

仙台城南003000000=3
仙台三 000100000=1

 【評】仙台城南が快勝した。三回、2死三塁から渡辺の適時打と最上の適時三塁打などで計3点を奪った。先発阿部は直球、変化球ともに切れがあり、1失点完投。仙台三は4安打と打線が湿った。

<仙台三・森主将(仙台城南に4安打で敗戦)>
「(前日、延長15回を投げ抜いた先発の)木村を援護できず、申し訳ない。冬場は心身を鍛え、来春にはチームとして(今より)何段も上にいるようにしたい」

◎東陵逆転終盤一気

 ▽準々決勝(石巻市民)

古川学園013000000=4
東  陵00102024×=9

 【評】東陵が逆転勝ちした。3−4の七回1死一塁から佐藤の右越え三塁打で同点とし、敵失で佐藤も生還して勝ち越した。八回にも4点を挙げ、突き放した。古川学園は9失策と守備の乱れが響いた。

<東陵・佐藤(七回に放った同点の右越え三塁打が敵失を誘い、自らも生還し逆転)>
「真ん中高めの直球を普段から心掛けているように強く振った。右翼手に取られそうだったので、抜けろという気持ちだった」

◎仙台育英打線爆発

 ▽準々決勝(石巻市民)

東北学院00000 =0
仙台育英02152x=10
(五回コールドゲーム)

 【評】仙台育英が14安打を放って圧勝した。二回2死二、三塁から長谷川の二塁打で2点を先取。3−0の四回は打者10人の猛攻で5点を奪った。東北学院は投手陣が崩れ、打線も1安打に抑えられた。

<長谷川、投打に活躍>
 仙台育英は先発長谷川の投打にわたる活躍などで五回コールド勝ち。左腕は15奪三振で完封した前日の名取北戦に続く先発にも疲れた様子はなく、5回無失点の好投。「気負わず投げられた」と振り返った。
 序盤から「一番自信がある」という直球でテンポ良く打者を攻め、毎回の5奪三振。打撃でも二回に甘く入った直球を捉え、先制の2点適時打を放った。この一打が打線に火を付け、二回以降は毎回得点。計14安打10得点で大勝した。
 エースの座を争う背番号10は「しっかり守ってくれる野手を信じ、普段通りの投球をしたい」と、次の登板に向け気を引き締めた。


2016年09月23日金曜日


先頭に戻る